企業概要



概要

  本社ビル
社名 水戸部製缶株式会社
本社 〒101-0024   東京都千代田区神田和泉町1-13-1
TEL 03-3866-1166(代表)
FAX 03-3866-2388
資本金 4,500万円
代表者 代表取締役会長 水戸部武寿
代表取締役社長 水戸部伸寿
従業員数 80名
 

地図を表示する
本社ビル    
 
  船橋工場   三島工場  

 
船橋工場  

三島工場

 
経営方針
 
 
  1. 私たちは、『情熱を込めたものづくり』を行い、豊かな社会の実現に貢献します。

  2. 私たちは、『アイディアの創出と技術の向上』に努め、お客様の期待と信頼に高い水準で応えます。

  3. 私たちは、『ものづくりの喜び』を通して、働き甲斐と生き甲斐を追求します。

  4. 私たちは、人の可能性を信じ、主体性をもった『人が育つ』企業を作ります。

  5. 私たちは、『取引先あっての商売』であると常に意識し、信頼されファンになって頂けるよう行動します。

  6. 私たちは、地域社会の一員として、『企業理念を遵守』した経営を行います。
 
 

行動指針
 
  1. 一人ひとりが、自ら考え責任感を持ち、誠実に、正直に行動します。Commitment

  2. 一人ひとりが、未来を変える情熱を持ち、失敗を恐れずチャレンジし続けます。Challenge

  3. 一人ひとりが、必ず約束を守り、信頼が醸成されるように努めます。Promise

  4. 一人ひとりが、仲間を尊重し、心を通わせてチームワークを発揮します。Communication

  5. 一人ひとりが、社会人としての自覚を忘れずに、モラルを守った行動をします。Moral
 
 

営業品目
  海苔缶 / 菓子缶 / コーヒー缶 / 缶詰缶 / 防災用食品缶 / 油缶 / 薬品缶 / その他ブリキ製品各種 /
パック充填加工
 
 
主要販売先
  森永製菓株式会社/大和製罐株式会社/株式会社山形屋海苔店/株式会社東京凮月堂/キーコーヒー株式会社/  
株式会社山本山/亀田製菓株式会社/ニコニコのり株式会社/三菱食品株式会社/守山乳業株式会社/
  玉露園食品工業株式会社/株式会社白子/株式会社明治屋/河合製薬株式会社/三菱商事パッケージング株式会社/  
  服部コーヒーフーズ株式会社/株式会社坂角総本舗/株式会社ちぼり/株式会社ルピシア/  
  株式会社ホテルオークラエンタープライズ/佐久間製菓株式会社/千葉県漁業協同組合連合会/株式会社横浜十番館/  
  カントーカセイ株式会社/ヤスマ株式会社/岩城製薬株式会社/社会福祉法人江差福祉会 あすなろパン  
     
 

(順不同・敬称略)

 
 
主要仕入先
  富安株式会社/株式会社MOBY/株式会社日本金属印刷所/富安金属印刷株式会社/興亜紙業株式会社  
  株式会社エムエーパッケージング/中村商事株式会社  
 

(順不同・敬称略)

 
 
主要取引銀行
  三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店   りそな銀行 秋葉原支店   三井住友銀行 浅草橋支店    
  みずほ銀行 上野支店  
     
 
 
企業沿革
 

100年の歴史が創る信頼と品質

 
    1910年(明治43年)
(明治43年)
東京都千代田区神田和泉1番地において創業する。  
    1949年(昭和24年)
(昭和24年)
合資会社水戸部製缶所を設立。  
    1953年(昭和28年)
(昭和28年)
静岡県三島市に工場を設置する。  
    1954年(昭和29年)
(昭和29年)
株式会社に改組する。  
    1956年(昭和31年)
(昭和31年)
東京都墨田区に工場を設置する  
    1962年(昭和37年)
(昭和37年)
三島工場を新設移転し、缶詰空缶の製造部門を充実する。  
    1967年(昭和42年)
(昭和42年)
墨田工場を廃止し、船橋市に移転する。  
    1977年(昭和52年)
(昭和52年)
船橋工場に溶接缶製造ラインを設置する。  
    1984年(昭和59年)
(昭和59年)
三島工場を長泉工業団地内に再び移転し
溶接缶詰の製造を開始する。
 
    1987年(昭和62年)
(昭和62年)
三島工場の設備を充実し、特殊キャップコーヒー缶製造に着手する。  
    1994年(平成6年)
(平成6年)
船橋工場に倉庫を増設する。  
    2003年(平成15年)
(平成15年)
船橋工場に溶接缶製造ラインを増設する。  
    2004年(平成16年)
(平成16年)
三島工場の各工程の検査をカメラ検査システムに切り替え完了。  
    2006年(平成18年)
(平成18年)
三島工場の設備をラミネート缶対応に一部新設し
ラミネート缶の製造をスタートさせる。
 
    2007年(平成19年)
(平成19年)
船橋工場にイタリア製、高性能スリッター2台を設置する。  
    2008年(平成20年)
(平成20年)
船橋工場にステンレス溶接ラインを設置する。  
    2010年(平成22年)
(平成22年)
水戸部製缶 創業100周年  
    2013年(平成25年)
(平成25年)
船橋工場にスイス製高周波オーブン2台を設置する。  
    2014年(平成26年)
(平成26年)
千葉県八千代市に工場を設置し、充填加工に着手する。  
    2016年(平成28年)
(平成28年)
船橋工場に、製缶用インクジェットプリンターラインを増設する。  
    2019年(令和元年)
(令和元年)
八千代工場を廃止し、船橋工場に統合する。  
    2020年(令和2年)
(令和2年)
三島工場にスイス製溶接機、及び高周波オーブンを設置する。