水戸部製缶は1910年(明治43年)の創業以来、2010年5月をもちまして創業100周年を迎えることができました。
激動の明治に創業し、大正・昭和・平成にわたり幾多の天災および社会的恐慌の風雪を乗り越え今日に至りました。
これまで水戸部製缶を支えていただきました皆様に心から感謝するとともに、1世紀にわたる伝統・技術を継承し、新しい時代を創造する企業としてお客様に貢献し、今まで以上に信頼できる製品づくりに努めてまいります。今後とも水戸部製缶をよろしくお願い申し上げます。
 






  「愚直なまでに、誇れる商品を。手にとる人の笑顔のために。」  

当社は1910年の創業以来、約1世紀もの間、「安心・安全な製品を、より早く・より安くお客様に提供し社会に貢献する」ことを基本方針に、社員一丸となって研究開発し、日々の生活に密着した様々な包装容器を提供して参りました。
しかし、21世紀の今日、お客様のニーズはますます多様化してきており、個食化による形状の変化・更なる少量多品種・高付加価値製品の開発など、積極的に取り組むべき問題は多岐に亘っております。
当社はこれまでに培ってきた信頼と実績、豊富な経験と技術を基に、お客様にとって「一番上の引き出し」となれるよう更なる不断の努力を重ねて参ります。そしてお客様とともに価値のある多彩なパッケージを創造し、夢のある包装容器への挑戦をし続けていく所存です。
今後とも倍旧のご愛顧、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
代表取締役社長

 


 

100年続く、100%の信頼も、1つの品質事故で0となってしまいます。

信頼とは、最終製品でしか得られません。つまり全社員が責任感と参加意識をもつことで信頼を築き上げるのです。

当社の製品がお客様に信頼され、高い評価を得続けるために、品質マネジメントシステムによる活動を推進します。
 


活動指針
  1. 常にお客様の目線に立ち、コミュニケーションを密に取り、ニーズを明確に把握し、積極的に得意先に対し情報提供・改善提案を行います。

  2. 不適合の原因追及を4M(材料・機械・人・方法)分析で徹底的に行い、再発防止と継続的な改善に努めます。

  3. 法令・規制要求事項の順守、購買先の情報収集、内部監査の実施などにより、品質マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。

  4. 品質方針を具現化するための品質目標を設定し、その達成度をレビューするとともに年度毎の見直しを行います。

  5. 顧客満足向上を推進するため、全社員に対して教育・訓練を行い、個々のスキルアップ・全体のレベル向上とともに品質方針の周知徹底を図ります。
当社は、お客様の「当たり前」のため、品質マネジメントシステムを順守し、
お客様の「感 動」のため、品質マネジメントを活用いたします。

※この品質方針は社内外へ公表します 代表取締役社長

 


      [リサイクル] [密封・防湿] [遮光] [耐衝撃] [耐水耐性] [危険物適正] [印刷デザイン]
 
 
水戸部製缶では、スチール缶ならではの特性を活かし、
3R(スリーアール)
に取り組んでいます。